のんびり更新中ですので


by silicageler
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

前半は読み飛ばしてください。な日記。

寒いとなぜこんなに体が動かないのだろう。
今日の朝はバイトに遅刻しそうになるし
「疲れてる?」って何回も聞かれるし。
うーん、そんな顔に出してるつもりなかったんだけどなぁ。

碧風祭が終わって気が抜けたのか
(と言っても碧風祭で特にしんどい思いをしたわけでもないのに)
最近の私はだめだなぁと思います。本当に。
うん、日記からもにじみ出てるよね。と思う。
こんなにマイナスなこと書いている時点でだめだと思う。
書いてる今だって何度もこの記事消そうとしてる。
でも日記だから消さない。

私は精神的に安定している(ように見える)とよく言われます。
どのくらいが「安定している」の基準になるのかはわからないけれど
安定といったって一定ではないわけで。
細かい浮き沈みは実は人並みに(人よりも)多いのではないかと
この日記を読み返して思いました。
はい、前半終わり。


ぜんぜん関係ないけど
昨日ブログの話をしてから、周りの人のいろんなブログを改めて拝見しました。
文章を書きなれている人
文章をすごく推敲しながら書いている人
文章をビジュアルでとらえる人
第3者の存在をかなり意識している人
特に身の回りの誰かを読者として意識する人
相手に有益な情報を、と意識する人
自己の内面に問いかけている人
・・・。
いろんなタイプがあります。
概して言える事はどれも皆自分のスタイルを築いているということ。
私自身、スタイルは意識している。

ブログは日記であって(というと語弊があるけど日記としている人が多いから)日記じゃない。
ブログはブログという新しいジャンルなんだと思う。
「日記を人に見せる」というよりは「人に見せるための日記を書く」というスタンス。
[人に見せるための日記=ブログ]
という人が多いと思う。

私はここで日記を書きながら
「ただの日記をわざわざブログにするなんてどうなの?」
という考えを基本的には持っていた。
どうせブログにするなら人に有益な情報提供をしなければ、と。
今も基本的にはその考え。
でも「ただの日記」と言っているものこそ有益なのではないかと思うことがよくある。
人の考えや行動に影響される事は多々ある。
「ただの日記」とはいっても本当にただの日記になっている人はいないし。

って、今日のブログ、全然こんなこと書くつもりじゃなかったんだけどな・・・
こういう思わぬ記事が書けるのもブログならではですねー・・・とか。
[PR]
by silicageler | 2005-11-20 02:10 | にっき