のんびり更新中ですので


by silicageler
カレンダー

<   2005年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今日の午前中は大学にちょっとだけいってきました。
卒論の参考文献を先生が探してきてくださったということで。
うーん、読むべき文献が増えた・・・!
あと4冊。といってもまるまる全部読むわけじゃなくて一部だけど。
でも今やってるここが一番面白いところだから、
やらないともったいないしな。
といっても提出まであと2週間弱。
10日まではおそらくバイト三昧。
うへっ。
まぁ時間的には何とかなりそうだけどね。
あとは心持の問題です。

さて今日もほぼ1日中アルバイトでした。
いつもよりも少しだけ早い出勤で、長く働いたので
なんだかとっても疲労感。
けど、明日も頑張らねば。
ん、あした大晦日じゃん!
私には紅白なんて関係ないね!!
明日を乗り切れば元旦休日が待ってるぜ!

うーん、これが今年最後の更新なんだろうか。
[PR]
by silicageler | 2005-12-31 00:32 | にっき

タイトルなし

あと2日で新年!
世の中は帰省ラッシュ。
私は実家だからいつもと変わらない一日。
バイトも年末だからって特に変わったこともなく。

うーん。今日は書くことがないですね。
[PR]
by silicageler | 2005-12-30 00:08 | にっき

食べた食べた!

朝からおなかいっぱい食べました。
今日は午前中、卒論指導の予定があったので早起き久々6時代。
さすがに時間があったので、ホットケーキを焼きました。
はちみつではなくオリゴ糖のとろとろしたヤツをかけて
バイト先でもらってきたアイスをのっけて。
うーん幸せ。
2人家族なのに4枚も焼いちゃったのでおなかいっぱい食べました。

のんびりと朝の支度をしたあとはゼミの先生のもとへ。
先日、卒論を仮提出してからはじめてアドバイスをもらいに行きました。
全体としては卒論の基準は満たしている、でもせっかくだから
もう少し展開させてみてはどうか、ということでした。
私もまだまだできるだけ書きたいと思いました。
やっぱり改めて読み返すと主張の裏付けが弱い。
なんとなく物足りなさを感じるのです。
というわけで次の提出日は1月はじめのゼミの日。
これが副査の先生のところへいって、さらに助言をいただき、
1月末にようやく本提出です。
うーん、まだまだ先は長いようだ・・・。

さて、頭を使うとおなかが減るよね!ってことで
夕飯はこれまたいっぱい食べました。
家からわりと近いところにあるレストランにて。
ここは数えるほどしかいったことないけれど、ボリュームがあって美味しい!
今日もここに行くために空腹にしてたんだから!
(場所は内緒☆)

冬は食欲旺盛で困る。
明日からのバイトでカロリー消費だ!
[PR]
by silicageler | 2005-12-29 00:55 | 大学

スッキリ

あーなんかもうすっきりしたい!!

年内にやらなきゃいけないことは全部やっとこう。

というわけで今日の昼間は今までためていたあれこれを
ぱーっと片付けて、ちょっと・・・いやかなりすっきりしました。

明日は年内最後の休日。
有意義に過ごすぞ!
[PR]
by silicageler | 2005-12-28 01:26 | にっき

年賀状書き

今日はバイトが休みだったので午前中は家でごろごろ。
午後は卒展の図録校正をして、
それが終わったあとは本屋に行ったり、カフェで読書したり。
寒いから本当は家から出たくないんだけど
一日中化粧もせずジャージのままで過ごすのは大嫌いなので
無理矢理用事を作って外に出ます。
しかしこの寒さ、何とかならないもんかねぇ。

家に帰ってからは、年賀状を書きました。
犬の絵とか描こうとしていますが、
この絵心のなさは小学生以下だと思います。
「文芸大で絵とか描いてるの~?」と聞いてくる友人たちを
ノックアウトできると思います。

年々年賀状の枚数は減ってはいますが、今年も書きますよ。
だってもらうと嬉しいじゃない。
インターネットがもっともっと普及したとしても
こういうアナログな世界も失いたくないな。
[PR]
by silicageler | 2005-12-26 23:24 | にっき

クリスマスの次は

クリスマスも過ぎたので、もとのオレンジなブログに戻しました。
久々に見るとちょっと新鮮かしら。

クリスマスが終わると次は年末、そしてお正月。
来年は自分にとってとても大切な節目の年だと思うので
ちゃんとして新年を迎えたいです。
大掃除をしたり、年賀状を書いたり、
年明けたら初詣に行ったり。
(そしてお正月のバーゲンに行ったり!)
そういう当たり前のことが大学生になってからちゃんとできなくなってる。
親も元旦から仕事だし、親戚の家に行くとかいう習慣もないし、
だから私もバイトを入れちゃったりして
いつも全然お正月らしくないお正月を過ごしてる。
でもやっぱりなんだかそういうのっていやだなぁ。
「いつの間にか」時が過ぎていって年が明けてっていう感じがなんかイヤだ。
年が明けるのを「待つ」のではなく、年明けを自分で「迎えたい」と思うのです。
年明けに限らず時を待つという感覚が私にはあまりない。
時間は自分で作るものだし、時は迎えるものであると思う。

2006年は準備万端で迎えよう。
[PR]
by silicageler | 2005-12-26 00:57 | にっき
メリークリスマス!

今日は楽しそうに手をつなぐカップルを横目に1日中バイトでしたよ。
しかし、今日はあまりクリスマスっぽくないなぁと思いました。
街のほうに出れば違ったのかもしれないけれど。
たとえばクリスマスくらいもっとおしゃれして出かければいいのにって思った。
浜松の人はあまり飾らないのかな。
子どもも、カップルもいつもと変わらない服装に見えた。
私だけがクリスマスクリスマスって意識しすぎなんでしょうか?
けれど、大きなプレゼントの箱を持って歩くお父さんや
かわいいギフトバッグを持つお姉さんの姿はやはりクリスマスイブ。
良い光景だなあ。

明日はクリスマス。
年に一度だし、せっかく日曜日だし、
おしゃれして出かけるのもいいんじゃないでしょうか。

私は・・・明日もバイトだけど。
[PR]
by silicageler | 2005-12-25 02:18 | にっき

クリスマスイブのイブ

23日=クリスマスイブのイブ。

クリスマスとイブは1日中バイトだから
この日は相方と出かけてきました。
クリスマスだからって、
特別高級なものを食べるとか遠くまで出かけるとかそういうのはなくて、
ただいつもより少ししっかりメイクしたり
いつもとちょっと違う服を着たりする、それだけなんだけど
実はそれがいいのかもしれないなとあとから少し思いました。
人の欲求はどんどん大きくなっていくもの。
ちょっとしたところに幸せを感じることができなくなったらおしまいだよね。

みなさんも幸せなクリスマスを。
[PR]
by silicageler | 2005-12-24 12:03 | にっき

ゼミと会議の日

今日は今年最後のゼミがありました。
卒論、あと5ページくらいやったらいいんじゃないかと
先生にいわれてしまいました。
分量は一応クリアしているのだけど、これまでやった勉強の内容からすると、
もっとボリュームがあってもよいのではないかと。
うーーん。ありがたい言葉・・・しかし、5ページって。結構あるよね。
けどやる。頑張ります。

ゼミが終わったあと、夜は友達のおうちで会議。
真剣だけど穏やか。すごく良い雰囲気。
これからやることも増えてくるし、
急いでやらなきゃならないこともたくさんある。
けれど今回の場合それがイライラとかピリピリになるんじゃなくて
よい意味でのプレッシャーになってくれるような気がする。

帰りは道路にうっすら雪が広がっていました。
新しい赤いマフラーを巻いて
ちょっと楽しい気分になって家路に着きました。

あ~充実!
[PR]
by silicageler | 2005-12-23 00:25 | 大学

いろんな「境界線」

昨日はゼミの忘年会でした。
3・4年が集まっての飲み会。
3時間半、あっというまでした。

そのあと、「甘いもの食べたいねぇ」とか言って
ゼミの子と2人でもう1軒。
デザートを食べつつ喋っていたら
これまたあっという間に時間が経ってしまいました。

特にたくさん話したのは境界線の話。
「受け入れる」と「あきらめる」の境界線ってなんだろう。とか
「恋人」と「友達」の境界線ってなんだろう。とか
「利用する」と「頼る」の境界線ってなんだろう。とか。
結局はどれもその人その人でそれぞれの境界線があって
一般的にこれだ、っていうものはないのだろうけど。
でもこうやって話すことで改めて考えた。

特に「受け入れる」「あきらめる」の話はすごい考えるところがあった。
少し前までの私は人間関係においても「あきらめる」ことが多かったと思う。
自分と合わない人がいたら「あきらめ」て離れていくか「あきらめ」てというか割り切って付き合うか、みたいな。
こうやって書くとすごい寂しいけど、実際そういう考え方しか出来なかったころは
すごくさびしい生き方をしていたと今は思う。
けれどそのときはそれで必死だったんだと思う。
できるだけ人とうまくやっていきたい、楽しくやっていきたいっていう気持ちが
あったからこそ。
私は「あきらめる」を「受け入れる」と勘違いしていたのかもしれない。
身近な人間関係においても、人種とか国籍とかにおいても
違いを認めて「受け入れる」ことが大切なんだと思う。
違いを「あきらめ」てはだめだと思う。
そこからは何も生まれなくて、ただ失うのみ。

たまには人間関係とか自分自身とかこうやって
考えて話したりすることって必要だし、楽しいなと思いました。
夜中友達と語る、というのもなんだか久しぶりだったなぁ。
[PR]
by silicageler | 2005-12-22 09:21 | 大学